お家丸ごとオーガナイズ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノの幸せ

私は陶器が好きです
骨董品じゃなく、器ね。

お気に入りの器は毎日の食卓にも登ります。
そんなに高価なモノはないから、安心して使える器ばかり。
安物でも、趣味の合うモノ、使い勝手のよいモノ、
料理によって、食材の持つ色によって、料理が美味しそうに映える器、
使い回しが出来る器というのが、私の選ぶポイントかな。

例えば大振りの皿。
カレーにもよし、パスタでもよし。
ざるを敷いて、ザルうどんにも映える。
全員で取り分ける量のメインディッシュにも、見劣りしない。

例えば丼。
ラーメンでもうどんや蕎麦でも、丼ものでも、煮物を盛っても様になる。

例えばカップ。
お茶でも珈琲でも、映えるフリーカップ。
ビアにも違和感ないと更にGoodです。

そんな陶器に出会えたのは、ほとんど縁だなぁと思います。
縁あって、ウチのコになってくれた
有難いですよね。

だから、頂き物やオマケの陶器は、慎重になる。

箱からだして、ウチのコにしたら、
そのコの一生を引き受ける訳でしょ。

物体としては、私の一生よりモノの一生の方が遥かに長いというのが道理ですが、
何故かこのコに責任を感じてしまう

陶器の幸せに責任取れるか、
自信が持てない時は、思い切ってスルーします。

ウチのコにはしない。
うっかりウチのコにしてしまって、
食器棚の奥に眠ったままのかわいそうなコにするのは、
どうしても気が引けるのです。

バザーやリサイクルで新たな出会いに掛けたり、もらい主さんを探したり、
オマケで貰える陶器は貰わない選択肢もあります。

モノは増やさない事が収納では大切ですが、
モノの幸せという視点でモノを選ぶ、
いいえ、モノに選ばれるというのも良いものですよ~。

スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。