お家丸ごとオーガナイズ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お片付けの鉄則

夫が懸賞で当たった『パン焼き器』

最近のホームベーカリーって、なかなかの優れもの。
早速、基本の食パンを焼いてみました。
と言っても、分量通りに材料をいれてスイッチを押すだけ

食パンから冷ご飯入りパン 米粉パン
全粒粉パン ナッツ入り ロールパン メロンパン アンパン
うどん 餅 パスタ ケーキ チョコレート ピザ…とこんなに出来るんだあ

材料をいれて、スタートボタン ポチッと押すだけだから、
間違えようがないと思っていたら、いきなりバター入れるの忘れた~!
付属のテキストに『もし材料を入れ忘れたら』という項目に助けられ
恐る恐る…バター投入。

ウイーン ゴトゴト ウイーンって感じで、
思っていたよりずっと控え目でおとなしいのよ、彼。

そのうちに焼き上がりの良い香りが…!

やっぱりバターのことがあるから、どうだろうってドキドキしながら、蓋を開ける。
なんと見事な食パンではありませんか‼

お味も焼き立ては格別!
かなり美味しい!
とっても美味しい!!
すっごく美味しい!!!

良い気になってピザも焼いてみた。

生地をこねるところまでが、パン焼き器君で
もちろんそのあとは私がトッピングしたり、オーブンで焼く。



ある材料だけでも、ほら なかなかでしょ
と、夫のパン焼き器にすっかり心を奪われた私。

さて、問題は、このパン焼き器君のお家を何処にするか?
モノには居場所、つまり、収納スペースを決めてあげなくちゃイケマセン。
ここで収納スペースが確保できなければ、
ひとつものが増えたらひとつ処分というのが、お片づけのノウハウの鉄則なんです。

う~ん

パン焼き器君はカウンターの炊飯器さんのお隣ってことで決まり。

パン君はめでたくお家が決まったけど、他にも収納するものが。
付属でついている計量カップや取扱説明書。

パン焼き器の取説は、何種類かあって、
レシピも付いている小冊子と、保証書、注意事項の箇条書きの紙が数枚。
必要なものとそうでないものを非情にも見極める。
パンが美味しかった感動やこれから焼くメニューへの期待とか、
思いがけないオモチャが増えたワクワク感に舞い上がって、
全部一揃え取り敢えず放置になりがちだけど、この非情な見極めが、大切。

焼くパンによって分量やメニュー番号が違うので、レシピは頻繁に使うでしょう。
取説Boxに入れてしまっては、この面倒くさがりの私に管理出来るはずがない。
焼こうと思い立った時にすぐに手に取れるように、そしてまたすぐに片付けられるように、
(片付けやすいというのは全てに優先です)
やはりキッチンスペースに置くのが、ベターだと判断。

取説レシピはオーブンの下の引き出しに、
保証書は普通に保証書Boxに、
付属の器具は本体の中、
注意事項の紙は理解したので、処分と相成りました。



そして、付属品としてGETしたミトン。
鉄則通り、古いものには引退して貰いました。




パン焼き器君、炊飯器さんと仲良くね~。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。